ニキビ治療やフォトフェイシャルなど体の状態を改善するための施術

顔を引き上げる

いろいろな種類の糸がありフェザーリフトは総称です

フェザーリフトは糸を皮膚の下に埋め込んで、顔全体のたるみを引き上げるものです。糸を使ったリフトアップには種類が多く、ハッピーリフトやゴールデンリフト、イタリアンリフト、スプリングアプストなどがあり、総称でフェザーリフトとよばれています。 たるみを一気に解消するというより、何歳か若返る感じになるもので、その点で効果があるかないかという個人的な感想の違いが出ます。また医師の技術によって大きな差が出るものでもあります。 フェザーリフト行った場合に、皮膚を押すと糸がわかる場合や、糸の輪郭が浮き出てしまうことがあります。医師の技術の問題もありますが、患者の皮膚が薄い場合に起こることもあります。皮膚の厚さによって個人差が出るので、フェザーリフトに向いていない人もいます。カウンセリングで納得がいくまで相談します。

切らない手術ですが簡単に考えないように注意します

フェザーリフトはダウンタイムがないと言われることがありますが、実際には腫れなどが出る場合があり、1,2週間の程度はダウンタイムが必要になります。術後の何日間かは腫れがあり、人に見せられる状態ではないこともあるので、フェザーリフトでも何日間かお休みをとる予定を組んで手術を受けた方がいいでしょう。 ファザーリフトは、触ると糸が触れる場合や、皮膚に糸の輪郭が見えることがあります。皮膚の薄い人は向いていないので、施術を受けない方が無難ですが、万が一トラブルがあった場合には、施術を受けたクリニックに相談します。我慢していると糸が皮下組織に癒着して抜けなくなる場合もあります。早めにクリニックに行き、向いていないと思った場合は糸を抜いてもらいます。その点でも、アフターケアの保証のあるクリニックを選びます。